山田宏平の今とこれから

仮説を立てる(俳優がやるべき仕事について)

先週は「引き出す仕事」の多い週でした。

「このシーンはどんな会話をしてる? どんな事件が起こってる? それを経てあなた(の役)にはどんな変化が起こってる?」といったことを問い続ける時間。

「よーし構造は分かったね。で、あなただったらどうする? どうしたい? どう感じた?」と促し続ける時間。

「いいねぇ、それいいねえええ。そこがそうだとしたらここはどうなんだろうね、さあ、やってみよう」と尻を叩き続ける時間。

演技レッスンや授業やワークショップやカフェアドバイジングには、多かれ少なかれ、配分は違えど、この3つの時間が含まれています。

その中で大切なのが、それぞれの時間のあと。

「あ、もしかしたらこうかもしれない」
「今はこう思ってやったけど、そうじゃなくてこうかもしれない」

こう俳優が口にしたり閃いていたりするときが、稽古場で最もエキサイティングな、ブレイクスルーできそうな瞬間なのです。

そういうとき、僕が言う言葉は簡潔です。
「じゃ、やってみよう」。

○○かもしれない、違うかもしれないけどやってみるって思いながらやるときの俳優は「開いて」いることが多いです。
反対に「こうしてやる」とか「ここは絶対こう」とか決め打ちするときの俳優は「閉じてる」ことが多いです。

演技はオープンなコミュニケーションによって成り立つ側面が多いと思います。
うまくいくにしてもそうでないにしても、開いて、アンテナを張り巡らせてやってないとただの「自分認めて欲しいアワー」になってしまいがち。

そうならないために必要なのが「あれ? もしかして……」という発見と、「だったらこうかもしれない」という見立てと、「よし、それでやってみよう」という勇気。
ひとことでいえば「仮説を立てる」ということ。

先週はいくつかの「仮説を立ててそのテイクに臨む」勇気ある俳優たちに出会えた。
その姿は、若手であれ第一人者であれ、僕には輝いて見えました。
今週も来週も、たくさんの「仮説を立てて臨む勇気ある俳優」に出会いたいものです。

+++++++++++++++

山田宏平 初夏の演技レッスン&ワークショップ
参加者まだまだ募集しております。
現場でなかなかできない「トライ&エラー」が出来る場です。是非是非いらしてください。
詳細は こちら
ご参加、お待ちしております。

[PR]



# by blancbecbbkyamada | 2017-05-29 22:41 | Trackback | Comments(0)

仮説を立てる(俳優がやるべき仕事について)

先週は「引き出す仕事」の多い週でした。

「このシーンはどんな会話をしてる? どんな事件が起こってる? それを経てあなた(の役)にはどんな変化が起こってる?」といったことを問い続ける時間。

「よーし構造は分かったね。で、あなただったらどうする? どうしたい? どう感じた?」と促し続ける時間。

「いいねぇ、それいいねえええ。そこがそうだとしたらここはどうなんだろうね、さあ、やってみよう」と尻を叩き続ける時間。

演技レッスンや授業やワークショップやカフェアドバイジングには、多かれ少なかれ、配分は違えど、この3つの時間が含まれています。

その中で大切なのが、それぞれの時間のあと。

「あ、もしかしたらこうかもしれない」
「今はこう思ってやったけど、そうじゃなくてこうかもしれない」

こう俳優が口にしたり閃いていたりするときが、稽古場で最もエキサイティングな、ブレイクスルーできそうな瞬間なのです。

そういうとき、僕が言う言葉は簡潔です。
「じゃ、やってみよう」。

○○かもしれない、違うかもしれないけどやってみるって思いながらやるときの俳優は「開いて」いることが多いです。
反対に「こうしてやる」とか「ここは絶対こう」とか決め打ちするときの俳優は「閉じてる」ことが多いです。

演技はオープンなコミュニケーションによって成り立つ側面が多いと思います。
うまくいくにしてもそうでないにしても、開いて、アンテナを張り巡らせてやってないとただの「自分認めて欲しいアワー」になってしまいがち。

そうならないために必要なのが「あれ? もしかして……」という発見と、「だったらこうかもしれない」という見立てと、「よし、それでやってみよう」という勇気。
ひとことでいえば「仮説を立てる」ということ。

先週はいくつかの「仮説を立ててそのテイクに臨む」勇気ある俳優たちに出会えた。
その姿は、若手であれ第一人者であれ、僕には輝いて見えました。
今週も来週も、たくさんの「仮説を立てて臨む勇気ある俳優」に出会いたいものです。

+++++++++++++++

山田宏平 初夏の演技レッスン&ワークショップ
参加者まだまだ募集しております。
現場でなかなかできない「トライ&エラー」が出来る場です。是非是非いらしてください。
詳細は こちらhttp://stage.corich.jp/bbs/41047
ご参加、お待ちしております。

[PR]



# by blancbecbbkyamada | 2017-05-29 22:41 | Trackback | Comments(0)

【考えたいこと】演技ワークショップと演技レッスンの違い

d0148101_22295941.jpg
さく
                昨年のワークショップより


6月のレッスン&ワークショップの募集をはじめました。
日程・参加費などは こちら
下北沢にあるスタジオで、少人数でじっくり行なおうと思います。

********************
いつもはワークショップをやるのですが、
今回はレッスンとワークショップをやります。

演技レッスンと演技ワークショップ、
どっちでもいいじゃん、何で分けるの、というかたもいらっしゃると思いますが、
僕はきちんと分けて使いたいし、それぞれで違うことをしようと思っています。

僕の現時点での定義をざっくりといいますと、
◎参加者の演技をみて、技術や意識の問題にきっちり踏み込むプログラムを組むのがレッスン
◎参加者が自ら発見し、試してみたいことを主体的に試したりできるようなプログラムを組むのがワークショップ
と考えています。

(今回レッスンが2コマ、ワークショップが4コマ。単発でも通しでも、ご興味とご都合に合わせてご参加ください。)

********************

最近、演劇の「レッスン」と「ワークショップ」と「(役割としての)演技指導」と「共演者のアドバイス」の違いについて考えています。
たぶん、これらはいま混在していて、いろいろなひとが都合よく使っています。
でも定義づけがはっきりしていないまま使ってるんじゃないかなあと感じることがよくありますし、誤解したまま参加して不満を感じたことも一度や二度ではありません。

昔「演技トレーナーのブラッシュアップワークショップ」と題されていたのに、少なくない日程の全部が演技レッスンに費やされて、それはそれでためになることだったけれど、看板と中身が違いすぎて、求めていたものにまったく触れられなかったなあという経験をしたことがありました(参加者の中には看板と違うプログラムに怒って2日目を終えたあと残りの日程に参加しなかったひともいました)。

その講座は「俳優の作業の原則を、俳優の立場から体験する(そして、そこで得た気付きを指導の現場に生かす)」ということだったのだと思います。いま思えばとても素敵な講座です。
でもその講座のタイトルや宣伝文句から僕らが想定し期待したのは「俳優指導の原則や最新の作業法を、指導者の立場から体験する(そして、そこで得た気付きを指導の現場に生かす)」ことだったのです。真逆です。
哀しい経験でした。

反対に、やる側で、若き俳優志望者たちのグループに演劇の発声のレッスンを求められたのに、まずは身体が大事だからと8回ぐらいのレッスンの全行程を身体トレーニングに費やしてしまったことも、ずいぶん前にありました。
あれは失敗でした。やっていて日に日に原因がわからないままに手ごたえを失っていく、哀しい経験でした。

********************
こういったすれ違い事例、少なくないんじゃないないかと思います。

旅行でいえば
「自分のプランであちこち回りたかったのに、行ってみたらきっちりスケジュール管理されているパックツアーで楽しめなかった」とか、反対に「いろいろガイドしてほしくてツアーに申し込んだのに自由時間がすごく多くて、何も楽しめなかった」とか。この話は書き出すときりがないので、いずれまた。

で、話を戻しますと、
他人様はともかく、自分のすることについてはこの行き違いを可能な限り減らしていきたいと考えていて、
そのためには「レッスン」「ワークショップ」「(作品製作現場での)演技指導」「共演者のアドバイス」などの違いを考えた上で、それぞれをやりたいなと思っているのです。

残り二つの定義についてもまた書こうと思います。

演技のチェックや基本の習得が主な目的の「レッスン」、
演技の引き出しを豊かにすることや日ごろ使えていない自分のアイデアを試してみることが主な目的の「ワークショップ」、
どちらも豊かな演技生活のために必要だと思います。
ぜひぜひご参加くださいませ。

[PR]



# by blancbecbbkyamada | 2017-05-22 22:32 | Trackback | Comments(0)

2016年の主な仕事

12月 中野成樹+フランケンズ「カラカラ天気と五人の紳士」(作:別役実 演出:中野成樹)出演@STスポット横浜
12月 演技ワークショップ@都内スタジオ
11月 島根県隠岐郡海士町・西ノ島町での演技ワークショップ(主催:島根県民会館)
10月 邦楽ミュージカル「夏花火♥恋名残」出演、演技指導@洗足音大前田ホール
10月 ミュージカル「Into The Woods」演技指導@洗足音大前田ホール
9月 演技ワークショップ@しもきたEmuスタジオ
9月 演技ワークショップ@新潟県南魚沼市、長岡市(計3会場)
9月 某小学校での読み聞かせ@武蔵野市8/27 日本劇作家協会主催 
8月 月いちリーディング「ヒヨコマメスープの味」(作:河田唱子)出演@横浜
8月 洗足中高生ミュージカル「Bring it on!」演技指導@洗足音大ビッグマウス(溝の口)
8月 つぼみの会 子育て支援コンサートでの読み聞かせ@埼玉県熊谷市
8月 演技ワークショップ@新潟市 劇団ハンニャーズ 月潟稽古場
7~8月 石川県教育委員会主催のワークショップ(コミュニケーションに関するワークショップで12の高校を巡回)

7月 洗足音大ミュージカルコース シアトリカルリーディング「DOLL」演出
7月 ひとり芝居「椅子について(日本初演)」演出・出演(作:ギィ・フォワシィ 翻訳:山本邦彦)(月刊ギィ・フォワシィにて上演)@南青山MANDARA
6月 中野成樹+フランケンズ 芸劇eyes「えんげきは今日もドラマをライブする vol.1」出演
@東京芸術劇場 シアターイースト
5月 屋上シアター よみしばい『こどもたちの、ひみつのぼうけん!』
@エキュート立川 屋上庭園 「エルマーのぼうけん」「おしいれのぼうけん」の2編を上演
4月 都立高校でのチームコンセンサスワークショップ
4月 「山田宏平 新年度のはじめの一歩ワークショップ」@王子スタジオ1
2~3月 都立高校でのキャリア教育ワークショップ(複数校で実施)
2月 「山田宏平 冬の盛りのワークショップ」@王子スタジオ1
2~3月 ミュージカル「MS TRAIN!!」演技指導@洗足学園音楽大学

◎日本屈指のハイセンスな演劇集団 ナカフラに念願かなって出演。本当に凄い人たち、素晴らしい演劇人たちでした。
◎「おしいれのぼうけん」「椅子について」「華々しき一族」と、一生付き合っていきたい作品が3つできたのが嬉しい。「夏花火恋名残」も愛おしい作品。
◎演技ワークショップや演技指導のスタイルが定まってきて、充実の一年でした。
いろいろな方に感謝。とくに新潟演劇人たちに大きな感謝を。また行きたい。



[PR]



# by blancbecbbkyamada | 2017-05-21 15:51 | Trackback | Comments(0)

怒涛の夏秋が終わった

6月後半のナカフラ(中野成樹+フランケンズ)出演(素晴らしい作品だった)のあと、

7月上旬 洗足音大で1年生のシアトリカルリーディング「DOLL」(作:如月小春)の演出。6チーム中2チームを担当。
7月 月刊ギィ・フォワシィという企画で一人芝居「椅子について」を上演。フォワシィの作品で、日本初上演。チェーホフ「煙草の害について」に似た形式のとても面白い作品と出会えた。
7~8月中旬 石川県教育委員会の招聘を受けての高校生就職組を対象としたコミュニケーションワークショップ。県下10校で20回のワークショップを行なった。
8月 新潟県新潟市の月潟稽古場にて2日間の演技ワークショップ。
8月 つぼみの会主催の子育て支援コンサートに出演。2つの作品を読み聞かせ。
8月 洗足音大 中高生ミュージカル「BRING IT ON」の演技指導。日に日に活き活きさを増していく中高生との夏は熱かった。
8月 日本劇作家協会主催 月いちリーディングに出演。演目は河田唱子「ヒヨコマメスープの味」。
9月 武蔵野市の某小学校にて2つの作品を読み聞かせ。
9月 新潟県南魚沼市・長岡市にて3日間の演技ワークショップ。新潟のワークショップは参加者の層が厚く、5回のワークショップはどれも忘れ難いワークショップとなった。
9月 東京にて2日間の演技ワークショップ。いつになく幅広い参加者層。2日目の打ち上げ含め、とても熱いワークショップとなった。
9~10月上旬 洗足音大 ミュージカル本公演「Into The Woods」の演技指導。ざっと数えて100以上の個人レッスンを行なった。
10月 洗足音大 邦楽ミュージカル「夏花火♡恋名残」出演。河竹黙阿弥(芝晋輔)生誕200周年の年に晋輔役を務めあげた。

休む間もなく演劇とワークショップにどっぷり浸かった日々が、先週ようやくひと段落。

新しい作品との出会いがあり(椅子は再演したいし、BIOはまた違うプロジェクトでやってみたいし、ヒヨコマメでは普段やらない過去のある人間を演れた)、
何回目かの作品にも新鮮な出会いがあり(Intoの演技指導はかなり深くまで入れたし、夏花の晋輔を初めて演じて、またひとつ演技の扉を開けた気がしている)、
演技ワークショップの進化あり(ハンニャーズの中嶋さんやASKの金子くんのオーダーにより、ワークショップはどんどん新しい扉を開いてます。仙台や他地域のみなさまも、ぜひお試しを!)、
いろいろなひとや風景との出会いあり、
忙しくも素晴らしい夏秋でした。

よくサッカーのワールドカップやオリンピックなんかを終えたアスリートたちが「もっと強く(うまく)なりたい」って競技直後に口にしているのを目耳にするけれど、この夏秋を終えて、僕もそんな気分でいっぱいです。

もっと言葉と身体を美しく奏でられる俳優になってみせる。
もっと俳優と作品に寄り添える演技指導者になってみせる。
もっと鋭くも温かく切り込む大学講師になってみせる。
もっと魅力的な進行をできるようなワークショップファシリテーターになってみせる。

来年中に一本、ソロ作品をつくる。

いろいろな方と、演劇やワークショップでもっとたくさん出会いたい。
そんな火がついた状態です。期待して見守っててください。

写真は「夏花火❤️恋名残」の最中いちばん読んだ本。そして「Into The Woods」の最中にいちばん読んで、その後夏花火、さらにはいま大学のアクティングでやってる「お気に召すまま」の参考にもなっている本。15年以上前に新潟県長岡市で市民野外劇「夏の夜の夢」の演技指導をしたときに出会い、以降折にふれて手にとる名著です。今回もお世話になりました。

d0148101_17403689.jpg
d0148101_17424119.jpg


**********

次回出演作はこちら↓

中野成樹+フランケンズ の 短々とした仕事5
「カラカラ天気と五人の紳士」
作:別役実 演出:中野成樹 
出演:浅井浩介・篠崎高志・竹田英司・鈴鹿通儀・山田宏平・斎藤淳子・新藤みなみ
12/27(火)~30(金)STスポット(横浜)
http://frankens.net/

6月の「卒塔婆小町(三島由紀夫)」でがっぷり四つに組んだ斎藤淳子さんと再び競演。
そして山田、初別役です。ご期待ください。 

**********

◎カフェアドバイジング、承ります。
最大2時間、じっくりゆっくり、あなたの演技や演劇のお悩みに寄り添います。
場所は日暮里~渋谷間(山手線内回り)、三軒茶屋、溝の口のカフェ(ご希望に合わせます)。
ふたりのコーヒー代だけご負担いただきます。
現場のしがらみを離れたところで、自分の思考と向き合ってみませんか。

◎演技個人レッスン、承ります。
最大2時間、1レッスン1,500円。3人まで承ります(2〜3人の場合は1人あたり1,200円)。
場所は日暮里~渋谷間(山手線内回り)、三軒茶屋、溝の口の「演技ができる場所」(地域は上記の中でご希望に合わせます)。
稽古中の作品の悩み解消でも、本番を終えた作品の復習でも、やってみたい作品でも、何も無くてもOKです。
ちょっと高めのランチ代一食分の料金で、あなたの演技の向上に寄り添います。
※会場はご自身で確保願います。詳しくはメールにてお問合せください。

◎演技ワークショップ、グループレッスン、承ります。
1回2~4時間、1回6,000円で承ります(2回の場合は10,000円、3回の場合は12,000円)。
上演する作品のためのワークショップでも、具体的なシーンの演技指導でも、劇団やお仲間の日々の演技レッスンでも承ります。
場所は日暮里~渋谷間(山手線内回り)、三軒茶屋、溝の口の「演技ができる場所」(地域は上記の中でご希望に合わせます)。
※会場はご自身で確保願います。詳しくはメールにてお問合せください。

いずれの場合も、山手線圏外や他県でも承ります。ただしその場合、交通費もご負担いただきます。詳細応相談。
詳しくはメールにてお問い合わせください。

希望されるかたは bbkyamada@k6.dion.ne.jp まで。メール、お待ちしております。


[PR]



# by blancbecbbkyamada | 2016-10-30 16:05 | Trackback | Comments(0)

演劇活動(主に俳優仕事とワークショップ仕事)に関するブログです。今とこれから(あとたまに甘い過去)について、不定期に更新します。
by blancbecbbkyamada
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧