山田宏平の今とこれから

このブログについて/更新情報

声高めの演劇家の活動報告 
山田宏平の
今とこれから


山田 宏平(Kohei Yamada)
演劇家 = 俳優・演技トレーナー・ワークショップファシリテーター

洗足学園音楽大学音楽学部 
ミュージカルコース講師/同大学アカデミックアドバイザー

プロフィールはこちら

d0148101_16371420.jpg



これからの主な予定

11月 島根県の小中学校での演技ワークショップ
12月 中野成樹+フランケンズ「カラカラ天気と五人の紳士」出演@STスポット(横浜)


終了した主な予定

10月 邦楽ミュージカル「夏花火♥恋名残」出演、演技指導@洗足音大前田ホール
10月 ミュージカル「Into The Woods」演技指導@洗足音大前田ホール
9月 演技ワークショップ@しもきたEmuスタジオ
9月 演技ワークショップ@新潟県南魚沼市、長岡市(計3会場)
9月 某小学校での読み聞かせ@武蔵野市8/27 日本劇作家協会主催 月いちリーディング「ヒヨコマメスープの味」(作:河田唱子)出演@横浜
8/27 洗足中高生ミュージカル「Bring it on!」演技指導@洗足音大ビッグマウス(溝の口)
8/21 つぼみの会 子育て支援コンサートでの読み聞かせ@埼玉県熊谷市
8月 演技ワークショップ@新潟市 劇団ハンニャーズ 月潟稽古場
7~8月 石川県教育委員会主催のワークショップ(コミュニケーションに関するワークショップで12の高校を巡回)

7月 洗足音大ミュージカルコース シアトリカルリーディング「DOLL」演出
7月 ひとり芝居「椅子について(日本初演)」演出・出演(作:ギィ・フォワシィ 翻訳:山本邦彦)(月刊ギィ・フォワシィにて上演)@南青山MANDARA
6月 中野成樹+フランケンズ 芸劇eyes「えんげきは今日もドラマをライブする vol.1」出演
@東京芸術劇場 シアターイースト
5月 屋上シアター よみしばい『こどもたちの、ひみつのぼうけん!』
@エキュート立川 屋上庭園 「エルマーのぼうけん」「おしいれのぼうけん」の2編を上演
4月 都立高校でのチームコンセンサスワークショップ
4月 「山田宏平 新年度のはじめの一歩ワークショップ」@王子スタジオ1
2~3月 都立高校でのキャリア教育ワークショップ(複数校で実施)
2月 「山田宏平 冬の盛りのワークショップ」@王子スタジオ1
2~3月 ミュージカル「MS TRAIN!!」演技指導@洗足学園音楽大学

これまでの活動はこちら 2015 2014 2013 2012 2011



カフェアドバイジング予約受付中!

いろいろな方の演劇や演技の話を聴きたいと思って始めました。
現場ではじっくり話しにくいことを話したいかた、
演技や演劇についての疑問やトレーニング方法について考えたいかた、
少し行き詰ってて気分転換したいかたなど、いろいろな目的のかたに活用されています。

1回2時間。お代は無料です(アドバイジング時の二人のコーヒー代だけご負担下さい)。
希望される方は山田 bbkyamada*k6.dion.ne.jp(*を@に替えて下さい)まで
タイトル「カフェアドバイジング希望」 、
希望日時、場所(日暮里~渋谷、三軒茶屋、溝の口)を明記の上、ご連絡下さい。
上記のスケジュール以外の日にちを希望される方も、可能な限り対応しますので、ご相談下さい。

コーヒー代だけで、ゆっくりじっくり演劇の話をしましょう。

[PR]



# by blancbecbbkyamada | 2016-12-31 23:59

怒涛の夏秋が終わった

6月後半のナカフラ(中野成樹+フランケンズ)出演(素晴らしい作品だった)のあと、

7月上旬 洗足音大で1年生のシアトリカルリーディング「DOLL」(作:如月小春)の演出。6チーム中2チームを担当。
7月 月刊ギィ・フォワシィという企画で一人芝居「椅子について」を上演。フォワシィの作品で、日本初上演。チェーホフ「煙草の害について」に似た形式のとても面白い作品と出会えた。
7~8月中旬 石川県教育委員会の招聘を受けての高校生就職組を対象としたコミュニケーションワークショップ。県下10校で20回のワークショップを行なった。
8月 新潟県新潟市の月潟稽古場にて2日間の演技ワークショップ。
8月 つぼみの会主催の子育て支援コンサートに出演。2つの作品を読み聞かせ。
8月 洗足音大 中高生ミュージカル「BRING IT ON」の演技指導。日に日に活き活きさを増していく中高生との夏は熱かった。
8月 日本劇作家協会主催 月いちリーディングに出演。演目は河田唱子「ヒヨコマメスープの味」。
9月 武蔵野市の某小学校にて2つの作品を読み聞かせ。
9月 新潟県南魚沼市・長岡市にて3日間の演技ワークショップ。新潟のワークショップは参加者の層が厚く、5回のワークショップはどれも忘れ難いワークショップとなった。
9月 東京にて2日間の演技ワークショップ。いつになく幅広い参加者層。2日目の打ち上げ含め、とても熱いワークショップとなった。
9~10月上旬 洗足音大 ミュージカル本公演「Into The Woods」の演技指導。ざっと数えて100以上の個人レッスンを行なった。
10月 洗足音大 邦楽ミュージカル「夏花火♡恋名残」出演。河竹黙阿弥(芝晋輔)生誕200周年の年に晋輔役を務めあげた。

休む間もなく演劇とワークショップにどっぷり浸かった日々が、先週ようやくひと段落。

新しい作品との出会いがあり(椅子は再演したいし、BIOはまた違うプロジェクトでやってみたいし、ヒヨコマメでは普段やらない過去のある人間を演れた)、
何回目かの作品にも新鮮な出会いがあり(Intoの演技指導はかなり深くまで入れたし、夏花の晋輔を初めて演じて、またひとつ演技の扉を開けた気がしている)、
演技ワークショップの進化あり(ハンニャーズの中嶋さんやASKの金子くんのオーダーにより、ワークショップはどんどん新しい扉を開いてます。仙台や他地域のみなさまも、ぜひお試しを!)、
いろいろなひとや風景との出会いあり、
忙しくも素晴らしい夏秋でした。

よくサッカーのワールドカップやオリンピックなんかを終えたアスリートたちが「もっと強く(うまく)なりたい」って競技直後に口にしているのを目耳にするけれど、この夏秋を終えて、僕もそんな気分でいっぱいです。

もっと言葉と身体を美しく奏でられる俳優になってみせる。
もっと俳優と作品に寄り添える演技指導者になってみせる。
もっと鋭くも温かく切り込む大学講師になってみせる。
もっと魅力的な進行をできるようなワークショップファシリテーターになってみせる。

来年中に一本、ソロ作品をつくる。

いろいろな方と、演劇やワークショップでもっとたくさん出会いたい。
そんな火がついた状態です。期待して見守っててください。

写真は「夏花火❤️恋名残」の最中いちばん読んだ本。そして「Into The Woods」の最中にいちばん読んで、その後夏花火、さらにはいま大学のアクティングでやってる「お気に召すまま」の参考にもなっている本。15年以上前に新潟県長岡市で市民野外劇「夏の夜の夢」の演技指導をしたときに出会い、以降折にふれて手にとる名著です。今回もお世話になりました。

d0148101_17403689.jpg
d0148101_17424119.jpg


**********

次回出演作はこちら↓

中野成樹+フランケンズ の 短々とした仕事5
「カラカラ天気と五人の紳士」
作:別役実 演出:中野成樹 
出演:浅井浩介・篠崎高志・竹田英司・鈴鹿通儀・山田宏平・斎藤淳子・新藤みなみ
12/27(火)~30(金)STスポット(横浜)
http://frankens.net/

6月の「卒塔婆小町(三島由紀夫)」でがっぷり四つに組んだ斎藤淳子さんと再び競演。
そして山田、初別役です。ご期待ください。 

**********

◎カフェアドバイジング、承ります。
最大2時間、じっくりゆっくり、あなたの演技や演劇のお悩みに寄り添います。
場所は日暮里~渋谷間(山手線内回り)、三軒茶屋、溝の口のカフェ(ご希望に合わせます)。
ふたりのコーヒー代だけご負担いただきます。
現場のしがらみを離れたところで、自分の思考と向き合ってみませんか。

◎演技個人レッスン、承ります。
最大2時間、1レッスン1,500円。3人まで承ります(2〜3人の場合は1人あたり1,200円)。
場所は日暮里~渋谷間(山手線内回り)、三軒茶屋、溝の口の「演技ができる場所」(地域は上記の中でご希望に合わせます)。
稽古中の作品の悩み解消でも、本番を終えた作品の復習でも、やってみたい作品でも、何も無くてもOKです。
ちょっと高めのランチ代一食分の料金で、あなたの演技の向上に寄り添います。
※会場はご自身で確保願います。詳しくはメールにてお問合せください。

◎演技ワークショップ、グループレッスン、承ります。
1回2~4時間、1回6,000円で承ります(2回の場合は10,000円、3回の場合は12,000円)。
上演する作品のためのワークショップでも、具体的なシーンの演技指導でも、劇団やお仲間の日々の演技レッスンでも承ります。
場所は日暮里~渋谷間(山手線内回り)、三軒茶屋、溝の口の「演技ができる場所」(地域は上記の中でご希望に合わせます)。
※会場はご自身で確保願います。詳しくはメールにてお問合せください。

いずれの場合も、山手線圏外や他県でも承ります。ただしその場合、交通費もご負担いただきます。詳細応相談。
詳しくはメールにてお問い合わせください。

希望されるかたは bbkyamada@k6.dion.ne.jp まで。メール、お待ちしております。


[PR]



# by blancbecbbkyamada | 2016-10-30 16:05 | Trackback | Comments(0)

新潟 演技ワークショップ始まる

新潟の南魚沼に来ています。

新潟で3ヶ所をまわる演技ワークショップサーキット、昨日は南魚沼市で12人の俳優とワークショップを行ないました。

ウォームアップ〜エクササイズ〜テキストを使った演技と、スタンダードな演技ワークショップの進行。そのひとつひとつのメニューで丁寧に「実感」を問うていきます。

自分の体をチェックするウォーミングアップからその作業は始まっています。
今日の自分の体を味わうこと。
「いつもの」ではなく「今の」自分の体が発しているリクエストを感じとり、自分の体を喜ばせてあげること。

この、「今を全力で生きる意識」を、二人組のエクササイズでは目の前の相手に向けます。
そしてテキストを使った演技では、最初のひとつ目のセリフを「生きた」ものにするまでいろいろ試します。

最後のシーン発表では、最初の発表(楽しくはあったが実感の少ない、アイデア先行のやり取り)から、見た目は派手では無いけれど目の離せない、二人の実感の詰まったやり取りを、6つのペアが見せてくれました。

今日明日と、3つのワークショップを行ないます。どんな顔と会えるか、楽しみです。


**********

「山田宏平 秋のはじめのワークショップ」
参加者募集中

9/17(土)13:30〜17:00A, 18:00〜21:30B
※それぞれ単発で完結するプログラムです。
会場:しもきたEmuスタジオ(下北沢駅0分)
参加料:1コマ¥3,000-,2コマ¥5,000-
参加希望のかたは山田 bbkyamada@k6.dion.ne.jp まで、
タイトル「WS参加希望」とし、お名前・性別・年齢・演技経験の有無を明記のうえ、メールにてお申し込みください。
折り返しこちらからご連絡致します。

今回は俳優がすべき仕事、とくに「聴くこと」をテーマにします。
観客や相手役や演出家から俳優が批評される言葉でよくあるのが、
「相手と絡めない」「ひとのセリフを聴いてない」といった言葉です。

では、俳優はどうすればよいのか。
相手のセリフを「聴く」にはどんな意識や技術が必要か。
そんなことに取り組みます。

本番の近いかたはいつもの稽古と少し違った視点で演技を見つめるために、
本番の遠いかたは自分の演技を作り直すきっかけづくりに、
演技をはじめたばかりのかたは演技の技術を試すために。
ご興味あるかた、ぜひご参加ください。

[PR]



# by blancbecbbkyamada | 2016-09-10 09:17 | Trackback | Comments(0)

厄落とし

◎M市の小学校で読み聞かせをした際に何かをもらい、週末寝込む。
◎奥歯が猛烈に痛む(のちに抜歯決定)。
◎自転車が壊れる(廃車決定)。
◎替わりに借りた妻の自転車がパンク。
◎家のガスレンジが壊れる(廃棄決定)。
◎新しいガスレンジを買いに行ったら、あるはずの在庫が無く、そのレンジを見つけて購入するまで2日を費やす。
◎新しいガスホースを買いに行ったら、店主が店の横でご近所さんと喧嘩。購入するまで30分待たされる。

以上のことがこの3日間に起こりました。

夏の終わりまで持ちこたえてくれたのだろうなと。そして突入する怒涛の秋の厄落としをしてくれたんだろうなと、奥歯や自転車やガスレンジに感謝することにします。

d0148101_01173110.jpg
写真は新しいガスレンジ。ターンテーブルのようにも見えて、はや愛おしく感じます。

来週からは洗足にがっつり付き、2つのミュージカルづくりに参加します。
「Into The Woods」(ソンドハイム作曲)
「夏花火❤️恋名残」(中屋敷法仁脚本、篠原真作曲)
どちらも大人数でのスケール大きな作品。全力で支えよう。

あ、再来週のワークショップも参加者募集中です。
音楽家にとってのスタジオ、美術家にとってのアトリエ、武道家にとっての道場のように、俳優(や演技に興味のあるひと)が自分であれこれ試したり、新しい技術や考え方を獲得する機会をと思い、不定期に開催しています。ぜひ遊びにいらしてくださいませ。

参加者募集中
「山田宏平 秋のはじめのワークショップ」
今回は俳優の仕事、特に「きく」ことをテーマにします。
舞台上で相手の言葉を聴くことにどんな意味があるのか?
舞台上で相手の言葉を聴くにはどうするといいのか?
短いテキストを使って取り組んでみます。

9/17(土)
A13:30〜17:00
B18:00〜21:30
※それぞれ1回完結のプログラムです。通しての参加をお勧めしますが、単発でも承ります。
※途中参加や早抜けも受け付けます。

会場:しもきたEmuスタジオ(下北沢駅0分)
参加料:
2コマ参加 ¥5,000-
1コマ参加 ¥3,000-

参加申込:
山田 bbkyamada*k6.dion.ne.jp (*を@に替えてください)まで、
タイトル「WS参加希望」とし、
お名前・年齢・性別・参加希望回・演技経験の有無(あるかたは簡単な演技歴)を明記のうえメールにてお申込みください。
折り返しご連絡いたします。


[PR]



# by blancbecbbkyamada | 2016-09-05 00:56 | Trackback | Comments(0)

バンド合わせは楽し

中高生ミュージカル「BRING IT ON」本番4日前。

昨日は関東を直撃した台風9号のために稽古中止。参加者の心身の安全は何にも増して大事(昨日午後の交通状況をみると、この判断は妥当だった)。

で、3日ぶりの稽古。昼間にいくつかのシーンを丁寧に手直ししたのち、夕方からバンド合わせ。
ミュージカルに欠かせないこの稽古、オケ合わせとか楽団合わせとかいろいろな言い方をするが、今回はバンド合わせが編成上しっくりくるのでこの言葉を使う。

バンド合わせは「演るのはしんどく(理由はいくつかあるが、一番は緊張するから。あとマイクに乗った自分の声が好きじゃないから)観るのは面白い」稽古だ。
面白い理由をいくつか挙げる。

1.音楽が整っていくのを目の当たりにする楽しさ
バンド合わせでは指揮者の篠原先生のディレクションのもと、音が足されたり引かれたり、速さや強さが変わったりするのを目の当たりにする。微調整しながら、どんどん音が芝居と合っていくのを見るのは毎度興奮する。楽しい。

2.俳優たちが躍動するのを目の当たりにする楽しさ
今回の「BRING IT ON」のバンドは指揮者入れて7人編成。時に分厚く時にシンプルな音のうねりに乗って、どんどん歌も踊りも弾んでいく。苦闘しつつも楽しそうな俳優たちの姿を見る幸福がある。

3.舞台を違う角度から見る楽しさ
普段の稽古は正面から見るが、バンド合わせのときは配置の都合上、舞台の脇や奥から見ることが多い。これがとても楽しい。俳優の体が立体的に見えるし、前からは見えない仕掛けや仕組みやアラが見えるし、人一倍舞台でよき仕事をしているアンサンブルの俳優を発見できたりする。6月に出たナカフラ(中野成樹+フランケンズ)でも真横から見る席を用意していて、出番の無い舞台稽古のときはそこからよく観ていた。横サイコー。

4.俳優たちの声の魅力に気付く楽しさ
いつもの稽古だと演る側も指導する側もあれこれチェックするポイントが多いけれど、バンド合わせだとどちらも声に集中できたりする。その分、普段よりもその俳優の持つ声の魅力がはっきりする。見つける喜びがある。

5.演奏者のテンションに触れる楽しさ
バンドメンバーたちはそれぞれ自分の看板で仕事をしているスペシャリストたちだ。その彼らが醸し出すリラックスとピンとした感じが混ざった居ずまいがとても好きだし、それで稽古場の緊張感がちょっと上がるのも好きだ。

6.俳優の動きがはっきりする楽しさ
音楽を整える機会としてバンド合わせがあるため、また、バンド合わせではハンドマイクを用いるため(本番はピンマイク)、洗足ミュージカルのバンド合わせのときは、ダブルキャストの片方のチームが歌とセリフをやり、もう片方のチームが舞台上で動きをやる、人形浄瑠璃状態(もしくはク・ナウカ状態)で行なわれる。すると、どういう理由か、動きをする俳優たちの動きがとてもはっきりする。動きに専念するからか、セリフの俳優と合わせる意識が生じるからか、曖昧だった動きが美しく、シャキッとするのだ。シャキッとした俳優を見られるのが実は一番楽しみだったりする。





今日もひとり学生でバンド合わせを見学しに来ていたけど、創作プロセスの中でバンド合わせはお勧めできる稽古のひとつだ。作品が息づいていくのを目と耳と気で感じ取れる素晴らしい機会だと思う。
ただし、バンド合わせを楽しむには前もってその作品を知っておくことが必要。あと普通の稽古のつもりで来ると、ストーリー展開に重要に関わるが会話が続く部分は平気で飛ばされたりするから要注意。

今日のバンド合わせもいろいろなことが見えた。演技指導で関わっている作品だけど、仕事しつつも日々勉強。

++++++++++++++++++++

洗足学園音楽大学ミュージカルコースプレゼンツ 中高生のためのミュージカル公演「BRING IT ON」
2つの高校のチアリーディング部を舞台にし友情と挑戦を描いたブロードウェイミュージカル。日本語版日本初演!
8/27(土)12:00,15:00(上演約90分)
会場:洗足学園音楽大学ビッグマウス(溝の口駅・武蔵溝の口駅10分)
入場無料

ぜひぜひお越しください!

++++++++++++++++++++

参加者募集中
「山田宏平 秋のはじめのワークショップ」
今回は俳優の仕事、特に「きく」ことをテーマにします。
舞台上で相手の言葉を聴くことにどんな意味があるのか?
舞台上で相手の言葉を聴くにはどうするといいのか?
短いテキストを使って取り組んでみます。

9/17(土)
A13:30〜17:00
B18:00〜21:30
9/19(月祝)
C13:30〜17:00
D18:00〜21:30
※それぞれ1回完結のプログラムです。
※毎回少し違う内容にしますので、複数回の参加をお勧めします。
※途中参加や早抜けも受け付けます。

会場:しもきたEmuスタジオ(下北沢駅0分)
参加料:
4コマ参加 ¥8,000-
3コマ参加 ¥7,500-
2コマ参加 ¥5,000-
1コマ参加 ¥3,000-
※参加するコマの組合せは自由です。

参加申込:
山田 bbkyamada*k6.dion.ne.jp (*を@に替えてください)まで、
タイトル「WS参加希望」とし、
お名前・年齢・性別・参加希望回・演技経験の有無(あるかたは簡単な演技歴)を明記のうえメールにてお申込みください。
折り返しご連絡いたします。

[PR]



# by blancbecbbkyamada | 2016-08-23 22:28 | Trackback | Comments(0)

演劇活動(主に俳優仕事とワークショップ仕事)に関するブログです。今とこれから(あとたまに甘い過去)について、不定期に更新します。
by blancbecbbkyamada
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧